不断水工事の魅力を語る

昔は水道管路から枝管を取り出すために断水して工事を行うのが普通でした。

都市部からかなり離れた、遠方に住んでいる世帯にはかなり不便な作業でした。ところが、経済発展が進むにつれて、この作業は段々と人気がなくなりました。そこで不断水工事が一般化して生活をより快適にしました。不断水工事にはさまざまなメリットがあります。まず、断水工事を行うとなると通知表や給水の措置を住民に対してやらなくてはなりません。そして何よりも、断水作業はかなりの時間がかかり、後の清掃もしっかりやる必要がありました。

しかし、不断水になればその手間を省けるため、会社にとっても人件費がかからなくなります。住民に対しても騒音や迷惑がかからないので悪影響が減ることにつながります。例えば、病院を例に挙げてみましょう。医療施設が断水すると透析液がつくれず、治療や手術はかなり困難な状況になってしまいます。しかし、戦後は不断水工事を用いたため、このようなトラブルは解消されました。日本の医療技術は世界的に見てもかなり高水準だといわれています。その背景には、水道技術が発達したという理由も含まれているそうです。

不断水工法の情報はこちら。

現在、東京などの大都市で断水作業ほぼ行われていないので、都市生活には支障をきたしていません。また赤水の被害が少なくなったので水道の衛生環境もかなりの水準でよいです。このように、日本の水道水は直接飲んでもほとんど問題ありません。不断水工事は一般化したおかげで、私たちの生活環境はかなり清潔になっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です